« 2009年3月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の記事

2009年6月19日 (金)

臓器移植法と党議拘束

臓器移植法<A案>を可決した本日の衆議院本会議は、私の経験では初めての「党議拘束」のない採決で、大変感慨深いものとなりました。

通常の法案審議では、国会提出前に各党が法案に対するスタンスを決め、その党のスタンスに基づいて国会での議論が進められます。党所属議員は、採決で党の方針と異なる投票行動をとれば「造反」ということになります。

今回の臓器移植法案は、A案からD案までの4案が議員提案として提出されましたが、「脳死を人の死と認めるか」という、個人の死生観にも関わる問題であることを踏まえ、各党とも党議拘束をはずし、各議員個人の判断で投票が行われました(ただし共産党は全員棄権)。

これまでは、日本の移植の条件が厳格すぎたため、国内での移植がなかなか行われず、多くの方が臓器の提供を受けられないまま亡くなられる状態が続いていました。特に15歳未満の子供からの移植は認められておらず、一部多額の寄付を募ることのできた子供さんだけが、海外に渡航して移植を受けるという状態が続いてきました。こうした姿勢には国際的な批判も多く、昨年には国際保険機構(WHO)でも臓器移植を国内完結するよう各国に求める方向が決まりました。このような中、これまで10年近くもたな晒しとなっていた臓器移植法改正の機運が再び高まり、今国会で結論を得ようということになったのです。

今回の衆議院での採決は、各個人・家族の意思を尊重しつつ臓器移植の条件を国際標準並みにするA案に対して、移植の条件をより厳格に捉える(従って臓器移植の可能性は広がらない)各案があり、多くの議員がぎりぎりまでどの案に賛成するか悩み続けていました。従って、事前には結局どの案も過半数の賛成を得られず、結論が出ないのではないか、との危惧もあったのですが、ふたを開けてみれば1回の採決でA案が可決され、衆議院として、移植を待ち続けている患者さん、ご家族の皆様に対して責任ある判断を下すことができたと思います。

国会議員の仕事とは、煎じ詰めれば、自分の全人格を賭して目の前にある国政の課題に判断を下すこと、この一点につきると思います。私は、今回の顛末をみていて、何でもかんでも党議拘束をかけるという習慣を見直し、多くの法案で個々の議員の見識と良心に任せるという形をとってもいいのではないか、と強く感じました。選挙を睨んで対立が過激化している今日の国会情勢では、むしろそうすることが、党利党略を排し、真に国民のためになる結論を出すことにつながるのではないでしょうか。

尚、参議院ではどうやら厚生労働委員長がA案に反対のため、審議入りを渋っているようです。国会の結論を待ちわびている多くの方々がいることを直視し、早急に審議をしてほしいと思います。

| | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年7月 »