« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の記事

2011年1月 1日 (土)

あけましておめでとうございます

元旦に、入間市桜山展望台で新年のご来光を仰ぎました。地平線から澄み切った空に輝き出る太陽と、その光を浴びて走る一筋の飛行機雲がとても美しく、近年にない素晴らしい初日の出でした。

今年は十干十二支でいう「辛卯(かのとう)」という年に当たります。十干十二支は60年に一度、同じ年が周ってきますが、昨年は「庚寅(かのえとら)」という年でした。実は、昨年の年頭に、戯れに同じ干支の年を調べて、一年を占ってみました。過去の庚寅には、朝鮮戦争勃発や、朝鮮半島で大きな乱があったことなどから、「朝鮮半島情勢は荒れ模様になる」と予測し、あちこちでそんな話をしていたところ、ずばり的中してしまいました。

そこで、昨年にならい、今年も過去の辛卯の年を調べてみました。すると、60年前には「社会党が左派と右派に分裂」。過去の辛卯には、室町幕府の分裂抗争で主要人物が次々死に至るという事件(観応の擾乱)も起きています。やはり今年の政治は分裂含みでしょうか。

「帝国議会仮議事堂焼失」なんてものもありました。うーむ…。

「サンフランシスコ講和条約調印」、「旧日米安保条約調印」も60年前の辛卯です。日米関係、雨降って地固まることになるのでしょうか。しかし、旧安保条約では、日本は独立国として扱われず、日本に不利な内容の条約であったことにも注意が必要です。

他には、「欧州石炭・鉄鋼共同体(EUの前身)調印」などもありました。財政危機の波に飲まれ関係がギクシャクしているヨーロッパ諸国は、今年、一歩進んだ協力関係を見出すことになるのでしょうか。

さて、果たして今年はどんな年になるでしょう。 素人占いは当たるも八卦、当たらぬも八卦ですが、見事なご来光を仰ぎながら、「今年こそは良い年にしなければ」と、強く念じました。

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »