« 2011年3月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年6月の記事

2011年6月 2日 (木)

お茶に降り注ぐ菅直人という人災

結局、本日夕方、ろくでもない官房長官が荒茶も500ベクレル/kgの基準で規制すべきとの発表をしてしまいました。すべての関係者が、そんな規制をしなくても飲用茶は安全であり、「暫定規制値」には制度矛盾があることをよく理解していたにもかかわらず、です。(詳細は前項参照)

なぜこんなことになってしまったのか。理由は簡単です。だれも責任を取ろうとしなかったからです。議論の焦点は終始、「そのお茶は安全か」ではなく、「そのお茶は心配だ、と消費者が言い始めたら誰が責任をとるか」でした。厚労省も、原子力安全委員会も、各省大臣・副大臣も、官房長官も、総理までも、判断することで自分が説明責任を負うことを回避しようとしました。結果、制度の矛盾はそのままに、すべてのつけが生産者に押しつけられたのです。

安全だとわかっているものは、政府が責任をもって決め、消費者に対し「安全だから安心して消費してください」と説明に努めなければなりません。それを上から下まで、政治家が責任回避しようとするから、こういう不条理が起きます。

思えば「不条理を正す」というのは、菅総理自身が所信演説で表明したことです。その張本人が、日々、不条理を全国にばらまいています。これははっきりいって政権の構造問題です。だから、一日も早くこの政権を変えなければならないのです。

本日、不信任案で政権が吹っ飛んでくれなかったために、またひとつ、新たな人災が生み出されてしまったこと、心から残念に思います。

|

政治の怠慢でお茶を殺すのか(その2)

最後に口に入るものが、万が一にも健康に害を与えるものであってはいけません。しかし、お茶のケースでは、口に入る「飲用茶」に危険がないことは、すべての関係者が理解していることでした。

それにもかかわらず厚生労働省が生葉と同じ基準での荒茶の検査を主張したのは、目の前に存在している「暫定規制値」を杓子定規に解釈した結果です。これは、ある意味、法の執行を旨とする役所としては当然の反応かもしれません。

しかし、そんなお役所仕事で日本の誇り、地域の宝であるお茶をつぶされてはたまったものではありません。制度内部に矛盾があること、実際は危険性がないこと、暫定の仕組みはお茶の特殊な商品特性を反映していないこと、なにより合理性のない基準によってひとたび規制をすれば、その影響は計り知れないことなどをもって、私も厚生労働省の説得にあたりました。

各方面の努力の甲斐もあって、厚生労働省は一定の理解を示し、官邸による総合的な判断に従う方針をとることとなりました。ここで私も少し安心をしました。「政治家が総合的な見地で判断するなら、こんな不条理を強行することはないだろう」と…。

その情勢判断が甘かったことがわかるのに、それほど時間はかかりませんでした。

官邸で対応に当たった枝野官房長官は、厚労省、農水省からの報告を聞いても判断を示そうとせず、代わりに原子力安全委員会に話を振りました。原子力安全委員会としては、厚労省所管である食品衛生法上の個別規制値についての判断はできないとして、現状の規制値のままであるなら、荒茶も同じ基準で検査をするべきだ、という意見を示しました。もし荒茶を出荷するなら「セシウム入り」と表記すべし、というあり得ないおまけ付きです。

ある意味、原子力安全委員会としても、与えられた権限の中では、(「セシウム入り」というおまけを除いて)当然の意見であったかもしれません。しかしそれを聞いた官房長官は、判断を避け、なんと総理大臣に判断を求めました。

これを受け、関係省庁が総理大臣の前で御前会議に及んだのが今週の月曜日。この種の案件が総理までいってしまうこと自体かなりの驚きですが、もっと驚いたことに、総理大臣までもが、本件の判断を回避したのです。

総理まで到達した案件を、総理が判断しなければ、もうこの国には、あとに判断する人は誰もいません。結局、政府には、現存する「暫定規制値」を杓子定規に解釈する以外の道がなくなってしまいました。政府は公式にはまだ決定していないと言っていますが、昨日付けの夕刊に、荒茶も含めて検査を求める方針との記事が載りました。官邸筋からの情報と思われます。

そもそも、原発事故から3カ月も経過しようというのに、まだ「暫定」規制値のまま放置されているというのは、政府の怠慢ではないでしょうか。もっと早く、もう少し細かい規制を作っていれば、こんなことにはならなかった。或いは、今回の件が出てきてからでも、お茶の特性に合わせた規制方法や、暫定規制に不都合があった場合の対処方針が作られるべきだった。それすらないまま、お茶が、無責任・機能不全政権の犠牲になろうとしています。

まさに、この国がおかれた状況の縮図を見ているようです。役所は所管事項を法に基づき淡々と執行しますが、そこで不都合が生じたとき、総合調整を図るのが政治の役割ではないでしょうか。それをトップ中のトップまでもが責任回避をしてしまう現状。これで組織がうまく回ったら、その方が驚きです。今回の件を通じ、この政権は、総理にも、官房長官にも、大臣・副大臣にも、そして各議員にも、大いに問題があることがよくわかりました。

後から補償などもらっても、危険でもないお茶を廃棄しなければならない農家は、泣くに泣けないでしょう。風評被害も残るでしょう。1シーズン棒に振ることで、中国産のお茶に市場を取って代わられてしまうかもしれません。お茶を文化として親しんできた日本人にとって、大変悲しむべきことです。技術や信頼などに加えて、またひとつ、日本の誇りが失われていくようです。

本稿を書いている時点では、まだ、最終決定はされていないと理解しています。民主党の方に、最後に政治家としての矜持を見せていただくよう、祈るばかりです。

(了)

|

政治の怠慢でお茶を殺すのか(その1)

いま、民主党政権の無責任体質によって、日本の「お茶」が壊滅の危機に瀕しています。

ことの発端は5月11日、神奈川県の足柄茶から暫定規制値(500ベクレル/㎏)を超えるセシウムが検出されたことでした。その後、各産地でも放射性物質の検査をしたところ、一部の産地で規制値を超えるセシウムが検出されたものの、静岡、埼玉などの主要な産地では規制値を下回るセシウムしか検出されませんでした。各県も安全宣言を出し、関係者も一安心をしていたのです。

しかし話はこれで終わりませんでした。

現在、食品の放射線量を規制しているのは、原子力災害対策特別措置法・食品衛生法に基づく「暫定規制値」というものです。「暫定」というだけあって、当座しのぎの、極めて大雑把な仕組みになっています。

どう大雑把かといえば、放射性セシウムの規制については、「飲料水」「牛乳・乳製品」「野菜類」「穀類」「肉・卵・魚・その他」の5分類しかなく、前二者が200bq/kg、後三者が500bq/kgという大雑把さです。

それではお茶はどこに入るのでしょうか?

お茶は、畑から摘んだ状態のものを「生葉」と呼び、この「生葉」を乾燥させたものを「荒茶」と呼びます。乾燥させることで水分が減り、重量は生葉の5分の1ほどになります。我々は、それを最終製品に仕上げ、煎じ出した抽出液を「飲用茶」として口にします。

本来、「飲用茶」が口に入るのですから、この段階で、飲料水や牛乳と同じ200bq/kgで管理すべきものです。しかし大雑把な暫定規制の下では、お茶という製品を想定していないため、元来同一物である「生葉」「荒茶」「飲用茶」が、別物としてばらばらに扱われます。

当初足柄茶などで問題となったのは、「生葉」の部分でした。これは、肉や魚と一緒の「その他」品目に分類されます。規制値は500bq/kgです。

ところが、ここで厚生労働省が「荒茶」も「その他」に分類されるので、500bq/kgで規制するべきだ、と言い始めました。

仮に100bq/kg強で規制をクリアした「生葉」があるとしましょう。この茶葉は、規制値を大幅に下回るセシウムしか含まない、安全な茶葉ということになります。この安全な茶葉を「荒茶」の段階で検査するとどうなるでしょうか?

放射性物質は「キログラム」当たりの規制になっています。「荒茶」は乾燥して重量が5分の1になっているので、同じ重量で測るためには、5倍の茶葉をかき集めて測らなければなりません。当然、5倍の茶葉に含まれる放射性物質も5倍=500bq強になります。

すなわち、同じ制度の中で、一度は「安全!」とされたものが、一転、規制値を超えてしまうのです。

更に、この茶葉から抽出された抽出液には、規制値からほど遠い微量のセシウムしか含まれません。実例を挙げれば、静岡県菊川市の「生葉」のセシウム濃度は111bq/kgでしたが、その抽出液はわずか4bq/kg、御殿場市は101bq/kgに対し6bq/kg、富士宮市は105bq/kgに対し6bq/kgです。これは、飲用水の暫定基準値である「200bq/kg」の50分の1~30分の1に過ぎません。

これは、制度の不備によって生じた矛盾にほかなりません。一度出荷停止となれば、お茶は壊滅的な被害を受けてしまいます。制度の不備によって、お茶が壊滅するようなことがあっては絶対にいけない!と、関係者が声を上げ始めたのが5月15日のことでした。

(その2に続く)

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年9月 »