« 政治の怠慢でお茶を殺すのか(その2) | トップページ | 仁義なき復興増税 »

2011年6月 2日 (木)

お茶に降り注ぐ菅直人という人災

結局、本日夕方、ろくでもない官房長官が荒茶も500ベクレル/kgの基準で規制すべきとの発表をしてしまいました。すべての関係者が、そんな規制をしなくても飲用茶は安全であり、「暫定規制値」には制度矛盾があることをよく理解していたにもかかわらず、です。(詳細は前項参照)

なぜこんなことになってしまったのか。理由は簡単です。だれも責任を取ろうとしなかったからです。議論の焦点は終始、「そのお茶は安全か」ではなく、「そのお茶は心配だ、と消費者が言い始めたら誰が責任をとるか」でした。厚労省も、原子力安全委員会も、各省大臣・副大臣も、官房長官も、総理までも、判断することで自分が説明責任を負うことを回避しようとしました。結果、制度の矛盾はそのままに、すべてのつけが生産者に押しつけられたのです。

安全だとわかっているものは、政府が責任をもって決め、消費者に対し「安全だから安心して消費してください」と説明に努めなければなりません。それを上から下まで、政治家が責任回避しようとするから、こういう不条理が起きます。

思えば「不条理を正す」というのは、菅総理自身が所信演説で表明したことです。その張本人が、日々、不条理を全国にばらまいています。これははっきりいって政権の構造問題です。だから、一日も早くこの政権を変えなければならないのです。

本日、不信任案で政権が吹っ飛んでくれなかったために、またひとつ、新たな人災が生み出されてしまったこと、心から残念に思います。

|

« 政治の怠慢でお茶を殺すのか(その2) | トップページ | 仁義なき復興増税 »