« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の記事

2011年12月22日 (木)

お茶の規制値続報

原発事故から9ヶ月以上が経過した今日、ようやく、放射性セシウム規制値の厚生労働省案が決まりました。文部科学省の審議会への諮問などいくつかの手続きは残っていますが、新規制は来年4月から施行される見込みです。

新規制では、一般食品が500→100ベクレル/kg、飲料水が200→10ベクレル/kg、牛乳・乳製品が200→50ベクレル/kgと、大幅な規制強化となります。

一方、従来の暫定規制では肉や魚と同じ分類とされてきたお茶は、4月以降、飲料水と同じ規制値(飲用茶で10ベクレル/kg)が適用されることとなります。

これにより、飲料水の規制値を大幅に下回っているお茶がなぜか出荷停止になるという、制度矛盾による不条理は解消されます。

しかし、これまで長期間にわたり制度の不備を放置したことで広がった風評被害や、産地ブランドの毀損といった負の影響は、容易には回復できません。政府には、責任を痛感し、生産者への補償を確実に担保するとともに、消費者に対して、無用な混乱を招いたことについての説明責任を果たすよう、強く求めます。

|

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »